メニュー
 

12本のバラの花束「ダーズンローズ」の歴史

12本のバラの花束「ダーズンローズ」の歴史

プロポーズで花束を贈る男性は大変多くいらっしゃいます。婚約指輪と一緒に赤いバラの花束を彼女にプレゼントすること、それは「僕と結婚してください」という愛のメッセージを贈ることでもあります。

ここではバラの花束の中でも素敵な意味と歴史をもつ12本のバラ、別名「ダーズンローズ」にまつわるエピソードをご紹介します。

その意味を知って贈ると、感動は何倍にもなり、一生忘れられない幸せな思い出になるでしょう。

プロポーズだけでなく、結婚式のブーケとしても人気のバラの花束。これからプロポーズを考えている男性のみなさん、12本のバラで作られるダーズンローズに込められた意味を知って、感動の演出をしてくださいね。

12本のバラの花言葉とは?

薔薇(バラ)は本数で異なる花言葉があります。12本のバラの花言葉は「私と結婚して下さい」や「私と付き合って下さい」という愛の告白を表し、プロポーズにオススメの本数なのです。バラの本数によっては消極的な花言葉を持つものもありますのでチェックしておきましょう。

ダーズンローズとは

ダーズンローズ(ダズンローズ)とは、英語でDozen roseと記され、直訳すると1ダース(12本)のバラのことを意味します。

12本のバラにはそれぞれ「愛情、情熱、真実、尊敬、栄光、努力、永遠、感謝、誠実、幸福、信頼、希望」という意味が込められています。

ダーズンローズを贈ることは、「これらのすべてを、あなた(恋人)に誓います」というメッセージを表すのです。最近は、プロポーズや結婚式でダーズンローズを贈る演出がロマンチックだとSNSなどで話題となり、老若男女問わず人気が高まっています。

ダーズンローズの歴史と日本での人気

ダーズンローズの歴史は、中世ヨーロッパにまで遡るといわれています。

とある男性が愛する彼女にプロポーズしようと決心し、会いに行く途中に咲いていた12本の花を摘んで、彼女への想いを込めた自作の花束を作ってプレゼントしたそうです。そして、その男性は花を差し出す際「結婚してください」という言葉を添えて一世一代のプロポーズをしました。

すると彼女は受け取った花束から一輪の花を抜き取り、男性の胸元に挿しました。プロポーズの承諾を意味するこの行為は、後にブーケ(花嫁が持つ花束)とブートニア(新郎が胸ポケットに指す花)として受け継がれ、現代でも結婚式で欠かせない幸福の象徴となりました。

ブーケとブートニアは知っていたけれど、そのルーツがダーズンローズにあったことをご存知ない方も多いのではないでしょうか。日本をはじめ、世界中で、一生忘れられない幸せなイベントとして、今もなお取り入れられています。

また、12月12日はダーズンローズ・デーであり、1年に一度、恋人にダーズンローズをプレゼントして愛情を誓う日として、世界でバラの花束が贈られています。

日本ではまだ馴染みがないイベントですが、今年の12月12日は大切な女性にダーズンローズをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

結婚式でのダーズンローズセレモニー

結婚式や披露宴の演出として人気のダーズンローズセレモニーを行うことで、挙式をさらに盛り上げることができます。

ここでは、紹介するダーズンローズセレモニーは、結婚式に出席しているゲスト参加型の演出ですので、予めゲストに協力をお願いしておきましょう。

【手順1】12名のゲストに1輪ずつバラを渡す

事前に12名のゲストにバラの花を1本ずつ持ってもらいます。そのときに、それぞれのゲストに合った意味のバラを持ってもらえば、より思い入れの強い演出が実現するでしょう。

例えば、両親や恩師には「尊敬」「感謝」、上司や同僚には「栄光」「努力」、友人には「信頼」「希望」「情熱」「誠実」、兄弟などには「真実」「幸福」「愛情」「永遠」などが相応しいですね。

それぞれのバラには意味について説明したカードなどをつけておくか、事前に参加者に意味を伝えておきましょう。

※参加してもらうゲストは、なるべくバージンロード沿いに並んでもらいましょう

【手順2】ゲストが持つ1輪1輪のバラを新郎へ

新郎は入場の際、ゲストから差し出されるバラの花を受け取り、12本のバラを一つの花束(ブーケ)にします。

【手順3】12輪の花束となったバラのブーケを新郎から新婦へ

新婦が入場して新郎の元にきたら、新郎はゲストの前で改めて新婦に対する気持ちと愛の言葉添えてバラのブーケとして新婦に差し出して下さい。

【手順4】二人が大切にしたい言葉を1つ選んで新郎の胸元へ

新婦は受け取った12輪のバラの花束の中から、二人の間にふさわしい、大切にしたい言葉の意味が込められた一輪のバラを抜き取り、ブートニアとして新郎の胸元に飾ります。

通年手に入れられるバラでロマンティックな時間を!

プロポーズや結婚式で一生忘れられないロマンティックな思い出を作りたいと思っている男性のみなさん、あなたならどんな誓いの言葉を選び、どのような演出しますか。

12本のバラ「ダズンローズ」に込めたれた意味を知って演出することで、彼女は幸せな気持ちでいっぱいになるでしょう。

愛の花として世界中で愛されるバラ。色や咲き方、大きさなどバラは品種が多く、一年を通して花屋さんでも購入することができます。香り高く高貴な印象の華やかなバラは、生花に限らずプリザーブドフラワーやアートフラワー(造花)でもたくさんの種類があります。

そのバラをプロポーズや結婚式に使うなら、ロマンティックなダーズンローズはいかがでしょうか。

ページ上部へ
ページ上部へ